SCORE CARDBACK NUMBER

表の顔はキング、裏ではボス。
ハーリー・レイスを偲んで。
~プロレスビジネスの超大物~

posted2019/09/06 07:00

 
表の顔はキング、裏ではボス。ハーリー・レイスを偲んで。~プロレスビジネスの超大物~<Number Web> photograph by AFLO

NWA世界王者となってからも全日本の看板外国人レスラーとして活躍。ジャンボ鶴田らと日本で防衛戦も闘った。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

AFLO

 ポスト上段からのダイビング・ヘッドバット、ジャイアント馬場を痛めつけたパイルドライバー、豪快なブレーンバスター。あの昭和プロレス血風録を彩った大技が忘れられない。

「ミスタープロレス」と呼ばれたアメリカを代表するレジェンド、ハーリー・レイスさんが日本時間8月2日、肺がんの合併症で亡くなった。76歳だった。

「俺より若いじゃないか!」

 筆者との出会いは1968年2月、日本プロレスに初来日のとき。半世紀に及ぶ長い付き合いだ。アメリカでのテレビ取材では、大変お世話になった。残念でならない。

 レイスはミズーリ州セントルイス育ち。腕っぷしが自慢で喧嘩が強く、カーニバル・レスラーとして15歳でプロデビューしたのだから、半端ない。NWA設立者のサム・マソニックに可愛がられ、ドリー&テリー兄弟の父親ドリー・ファンク・シニアに師事。フロリダ州タンパの大物プロモーター、エディー・グラハムのもとで修行を積み、プロレスの最高峰NWA世界王座を8度戴冠。'70年代前半から日米のマットを股にかけて大暴れした名物男だ。表の顔は、プロレス界のキング。裏の顔は「あいつに睨まれたら食っていけない」と周囲から恐れられる、プロレス・ビジネスにおけるボスだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 334文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ハーリー・レイス
ジャイアント馬場

プロレスの前後のコラム

ページトップ