SCORE CARDBACK NUMBER

「苦い経験を必ずプラスに」
菊池雄星を支える前向きな姿勢。
~大谷に浴びた本塁打も経験に~

posted2019/06/29 15:00

 
「苦い経験を必ずプラスに」菊池雄星を支える前向きな姿勢。~大谷に浴びた本塁打も経験に~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

16試合に先発して、3勝5敗(6月19日時点)。チームの三本柱の一角として先発ローテーションを守り続ける。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

 勝ち星こそ付かなかったものの、その表情には安心感がのぞいた。マリナーズ菊池雄星が、6月13日の敵地ツインズ戦で5回1失点と好投。最速153kmの速球を軸に、本来の力強い攻撃的な投球を披露した。

「ホッとしました。結果以上に、やっと戦えるボールが戻ってきたことに一番の手応えを感じています」

 メジャー1年目の今季は開幕以来、初勝利まで6試合を要したものの、安定した投球を続けてきた。疲労回復、負担軽減を目的とした1イニング限定の「ショート・スタート」を挟んだこともあり、5月3日からは4試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以内)をクリアするなど、チーム内での立ち位置を確立し始めていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

菊池雄星
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ