福良淳一の名言 

今日の名言 

ぼくらが飽きてすぐやめるようなことを、イチローは何十年も続けてきたんです。

福良淳一(プロ野球)

2019/05/20

1994年、当時の日本記録となるシーズン210安打を放ったイチロー。天才打者が出現したと世間は騒ぎ立てる中で、オリックス・ブルーウェーブの同僚は彼の努力を目の当たりにしていた。当時、主に2番打者を務めていた福良は「練習ではまったくバットを折らないんです」、「ホームランを狙ったら、確実にシーズン30本以上は打ったと思いますよ」と絶賛した。何より記憶に深く焼き付いているのは、イチローの野球に臨む姿勢である。「結局のところ、彼が一番すごいのは、ひとつのことを根気強く続けるところですよ」。継続は力なり。それを体現していたのだ。

Number976号(2019/04/11)

<完全保存版>イチロー戦記。1992-2019
人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ