サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

初代表・鎌田大地は“くそガキ”だった。
才能に惚れたスカウトが明かす秘話。 

text by

占部哲也

占部哲也Tetsuya Urabe

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2019/03/22 12:00

初代表・鎌田大地は“くそガキ”だった。才能に惚れたスカウトが明かす秘話。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

鎌田大地のティーンエージャー時代はやんちゃだったという。牛島がほれ込んだ才能は日本代表でどんな化学反応を生み出すか。

スカウトとして今、願うこと。

 それでも、思いが聞きたかった。

「(自分のことより)大地のこといっぱい書いてください。代表も頑張ってほしいけど、1日でも長くサッカー選手としてプレーしほしい。それが願いですかね」

 優しい味の野菜スープを飲んだように、胸の奥がほっこり温かくなった。それは、春の陽気のせいではないと思う。

 3月の日本代表戦。今度は鎌田がピッチに整列して頭を下げる番だろう。その先には、忘れてはいないスカウトへの「感謝」の気持ちも含まれていると、ちょっとだけ想像したい。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
鎌田大地

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ