Number Do SpecialBACK NUMBER

<少なく食べて、なぜ動ける?>小食アスリートの研究。~バレエダンサー&エアリアル・パフォーマー(後篇)~ 

text by

成田智志

成田智志Satoshi Narita

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2013/01/14 08:00

<少なく食べて、なぜ動ける?>小食アスリートの研究。~バレエダンサー&エアリアル・パフォーマー(後篇)~<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

若井田久美子さん(エアリアル・パフォーマー)

 普通の人よりも少ない食事なのに、普通の人よりも激しく動く。
 アスリートの中にはそんな生活を続ける人たちがいる。
 医学の常識に反するそんなことがなぜ可能なのだろう?

 好評発売中の雑誌Number Do『体が変われば人生が変わる!?』 より、バレエダンサーの平塚由紀子さんとエアリアル・パフォーマーの若井田久美子さんの食生活について、本日は後篇を公開します。

前篇はコチラ

 また彼らの食事は内容も実に興味深い。

 たとえば、バレエの平塚さんは和の素材をつかった食事を積極的に食べるようにしている。たしかに和食は肥満になりにくいとされるが意外と砂糖を多く使っているため単にカロリーが少ないというわけではない。笠岡准教授が指摘するのはダシ(出汁)の効用だ。

「ダシの中には食欲を抑制するヒスタミンの原料であるヒスチジンが豊富に含まれています。だから、かつお節を効かせたダシを使った料理、たとえばみそ汁や煮物は少ない量で高い満足感を得るにはうってつけの献立といえます」

 さらにダシには脂肪摂取の欲求を抑える効果もあるのだという。そういえば平塚さんも「油分とダシは喉の奥の同じ部分で楽しむ味だと感じているため、油っこい料理が欲しくなったらダシを効かせた料理を食べるようにしています」と語っていた。


 また、今回取材した小食アスリートは皆、炭水化物をあまり食べないようにしていた。

 エアリアル・パフォーマーの若井田さんはどちらかといえば洋食派だが、朝にシリアル、昼にはサンドイッチを半分つまむ程度で、夕方以降は炭水化物を摂らないように心がけているという。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 927文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<冬の体づくり特集> 体が変われば人生が変わる!?
若井田久美子

他競技の前後の記事

ページトップ