スポーツ仕事人BACK NUMBER

稲見昌彦(超人スポーツ研究者)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2016/08/22 08:00

稲見昌彦(超人スポーツ研究者)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

稲見昌彦さん。

【超人スポーツ研究者】 従来のスポーツだけでなく、得意不得意、年齢、障碍、資格を問わず誰もが楽しくスポーツができる未来を創るため、スポーツとテクノロジーや文化を融合することで、新領域のスポーツを「超人スポーツ」として開拓、開発する。

 スポーツは技術の発展とともに歩んできた。先史時代に発明された弓矢は、その腕前を競うべくルールが整備され、アーチェリーというスポーツに昇華した。モータースポーツの繁栄があるのも、17世紀に内燃機関が発明されたおかげだ。

 近代以降は新たな技術が連日のようにうまれている。それならば最先端のテクノロジーを取り入れた、まったく新しいスポーツがうまれてもいいはずだ。東京大学の稲見昌彦教授が提唱する「超人スポーツ」とは、まさにテクノロジーと身体性を融合させた、新スポーツの発明である。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

稲見昌彦

他競技の前後のコラム

ページトップ