SCORE CARDBACK NUMBER

山中慎介と対照を成す人生。天才・岩佐亮佑の“回り道”。~日本人同士の世界戦を制して、ようやく日の目を見た才能~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/10/09 11:30

山中慎介と対照を成す人生。天才・岩佐亮佑の“回り道”。~日本人同士の世界戦を制して、ようやく日の目を見た才能~<Number Web> photograph by KYODO

岩佐に敗れて、現役引退を表明した小國以載からは「最後がおまえで良かった」とのメッセージがあったという。

「ここまでくるのが長くて……ホッとしました」

 9月13日のIBF世界S・バンタム級タイトル戦で宿敵小國以載(ゆきのり)を6回TKOに破り、新チャンピオンになった岩佐亮佑が試合後に漏らした一言には、実感が籠っていた。

 起伏の激しいボクサーの現役生活はしばしば人生に例えられる。時には、ひとつの試合そのものが人生の縮図となることがあるが、この夜の岩佐の試合がまさにそうだった。


 1967年の沼田義明―小林弘戦以来35度目となる日本人同士の世界タイトル戦。高校時代に対戦して勝った相手、小國とはプロでもスパーリングを重ねた旧知の仲。しかし世界獲得レースでは小國に先を越され、指名挑戦者として迎えたのがこの一戦だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

カープの時代。

Sports Graphic Number 936

カープの時代。

 

山中慎介
岩佐亮佑

ボクシングの前後の記事

ページトップ