SCORE CARDBACK NUMBER

まるでプロレス万華鏡。ドラゲー集客力の秘密。~「イケメンを率先して入門させているわけではありません」~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2017/04/04 10:30

まるでプロレス万華鏡。ドラゲー集客力の秘密。~「イケメンを率先して入門させているわけではありません」~<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

甘いマスクと多彩な技で魅了するYAMATO。5月5日には名古屋での防衛戦を控える。

 新日本プロレスばかりが突出しているわけではない。業界の上昇気流を支えているのが、独自の興行スタイルでしっかり固定ファンをつかんでいるドラゴンゲート、DDT、大日本プロレス。いわゆるインディー系といわれる団体だ。

 なかでもユニークなのは、プロレス女子のパワーで営業力をつけたドラゴンゲート、通称「ドラゲー」だ。人気のバロメーターとなる月1回の大会での集客数は、今年も東京・後楽園ホール定期興行(3回)が、いずれも満員札止め。3月4、5日の大阪府立体育会館第2競技場連戦も、初日1700人、2日目1750人と、共に満員札止め。東西における格闘技の聖地での好調な出足で、昨年と変わらぬ安定した興行成績を残している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。
ドラゴンゲート
YAMATO

プロレスの前後の記事

ページトップ