SCORE CARDBACK NUMBER

“早すぎるタオル投入”を決めた名トレーナーの過去。~遅すぎるストップはあっても、早過ぎるストップはない~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2017/03/07 09:00

“早すぎるタオル投入”を決めた名トレーナーの過去。~遅すぎるストップはあっても、早過ぎるストップはない~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

新王者となった久我は「石本さんは後半に強いので、早い回で倒せてよかった」と語った。

 試合中のチーフセコンドには重要で困難な仕事がある。選手が窮地の時にタオルを投げ入れるか否か、入れるならどの時機か。咄嗟の判断を誤ると取り返しのつかない結果にもなりかねない。

 今年のチャンピオンカーニバルの初戦、王座が交代した2月4日の日本スーパーバンタム級タイトルマッチでは、反対に“早すぎるタオル投入”が話題になった。

 試合開始と同時に挑戦者久我勇作が先制攻撃に出て、王者石本康隆からダウンを奪う。2回は石本も反撃に出たが、久我の左フックのボディー攻撃が効く。ここぞと挑戦者の猛攻。決定打が出ないうちに赤コーナーからタオルが投げられ、試合は終わった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

三浦知良、50歳 まだやるよ。

Sports Graphic Number 922

三浦知良、50歳 まだやるよ。

 

田中繊大
久我勇作
石本康隆
辻昌建
金光佑治

ボクシングの前後の記事

ページトップ