SCORE CARDBACK NUMBER

ニューイヤー駅伝に見た、双子選手の活躍と理由。~村山兄弟、市田兄弟が揃う旭化成。過去には宗兄弟も~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/01/14 17:00

ニューイヤー駅伝に見た、双子選手の活躍と理由。~村山兄弟、市田兄弟が揃う旭化成。過去には宗兄弟も~<Number Web> photograph by KYODO

村山謙太から市田宏へのタスキリレー。2人とも実績で兄弟に差をつけられた所から奮起。

 元日の上州路を駆け抜けるニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝〔群馬県庁発着=7区間、100km〕)で、2組の双子ランナーが出場した旭化成が18年ぶり22回目の優勝を飾った。

 旭化成と言えば'70年代から'90年代にかけて6連覇を2度達成している古豪であり、元祖ツインズとして知られる宗茂&猛兄弟が大活躍した名門チーム。久々の栄冠の立役者が双子ランナーであることは、往年の陸上ファンに感慨深い思いをもたらしたのではないか。


 今回、優勝の原動力になった村山謙太&紘太、市田孝&宏はともに箱根駅伝を経験した大卒2年目の選手たちだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

村山謙太
村山紘太
市田孝
市田宏
設楽啓太
設楽悠太
旭化成

陸上の前後のコラム

ページトップ