SCORE CARDBACK NUMBER

苦闘の末にV10達成。山中慎介を救った“頭脳”。~33歳でも、25歳当時の具志堅より余力がある?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/03/30 08:00

苦闘の末にV10達成。山中慎介を救った“頭脳”。~33歳でも、25歳当時の具志堅より余力がある?~<Number Web> photograph by KYODO

山中(右)は結果的に3-0の大差で判定勝ち。8月頃に予定される次戦で統一戦を希望した。

 山中慎介が派手な倒し合いの末、WBC世界バンタム級王座の10度目の防衛に成功した。KO勝ちこそならなかったが、誰がそれを咎めよう。逆にあわやKO負けのピンチもあり、これを乗り切っての大差判定勝ちだったのだ。

 試合地の京都は高校でボクシングを始めた原点の地。郷里の滋賀の後援会を中心にした超満員の観客が見守る中、「成長した姿を見せたい」と張り切っていたものの、3回には挑戦者リボリオ・ソリスの右強打で2度もキャンバスに叩きつけられた。凱旋試合で強さを見せつけるはずが、一転してボクシング人生最大の危機を招いたのはなぜか。山中陣営からは「油断」の言葉も聞かれたが、そこには複合的な要素があったように思われる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

指揮官ハリルホジッチの設計図。

Sports Graphic Number 898

指揮官ハリルホジッチの設計図。

 

山中慎介

ボクシングの前後の記事

ページトップ