Before The GameBACK NUMBER

南アフリカ戦と大西鐵之祐の「奇蹟」。~世紀のアップセットは、伝説の男の命日に起こった~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/10/12 08:00

南アフリカ戦と大西鐵之祐の「奇蹟」。~世紀のアップセットは、伝説の男の命日に起こった~<Number Web> photograph by AFLO

日の丸をふる背番号11は南アフリカ生まれの松島幸太朗選手。

 ふたつの観点がある。とうとう「大西ジャパン」の呪縛が解けた。いや、これは「大西ジャパン」との連続なのだ。

 ラグビーのワールドカップ(W杯)において日本代表が、南アフリカ代表スプリングボクスを破った。明確にスポーツ史の快挙だ。

 誇張を嫌う英国BBC放送のサイトの報告記事に「奇蹟」とあった。それをニューヨーク・タイムズ紙が引いて伝えた。


 さて「大西ジャパン」とは、かの名将、大西鐵之祐(故人)の率いた日本代表を示す。

 1968年のNZ遠征での同国ジュニア代表戦勝利、'71年、東京でのイングランド戦のどちらもノートライの名勝負で知られる。スコアのみならず「日本人の特性をいかした」創造的戦法、さらには浪花節めいた人心掌握の妙で物語を紡いできた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 945文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL CLIMAX 2015

Sports Graphic Number 887

BASEBALL CLIMAX 2015

 

大西鐵之祐

ラグビーの前後の記事

ページトップ