スポーツはカタチから入る方なんですBACK NUMBER

“Number BICYCLE”ってなんだ?
スポーツ・ミニベロで都市を疾走!

posted2019/03/05 07:30

 
“Number BICYCLE”ってなんだ?スポーツ・ミニベロで都市を疾走!<Number Web> photograph by SAKAI CYCLE

この価格帯でエアロフレーム、前後ディスクブレーキ、ディープリム……実車でぜひ丁寧に作り上げられた細部も見ていただきたい。

text by

奥山泰広&高成浩

奥山泰広&高成浩Yasuhiro Okuyama & Seikoh Coe(POW-DER)

PROFILE

photograph by

SAKAI CYCLE

 アスリートの心の中に渦巻くブツ欲を赤裸々に紹介し、解消していくこの企画。「ご意見番」として登場するのは、ファッション&モノ業界で長年活躍する“スマート”奥山泰広氏と、その相棒の“ワイルド”高 成浩氏。
 空気も水も温む今日この頃、いよいよ“自転車が美味しい”季節がやってきました。そんな折に、大阪・堺市の本格バイクメーカー、サカイサイクルと雑誌『Sports Graphic Number』がコラボした「Number BICYCLE」の第2弾が登場! その新型バイクの性能、およびプロデュースの真価に迫ります。

奥山 めっきりと空気が温くなってきたので、屋外でスポーツしたくなってきました。この季節は決して暑すぎず、しかも湿度が低いので、有酸素運動が気持ちいいですね。

 そのとおり。俺もつい先日、荒川サイクリングロードを河口から熊谷まで走ってきたよ。川沿いのサイクリングロードは峠道コースのように激坂はない代わりに、ほぼフラットだからず~っとペダルを漕いでなきゃいけないのがツラい。ヘタレオヤジには往復180km漕ぎっぱなしはこたえたぜ。

奥山 そう言えばここ最近、ロードバイクに乗っている人を街で見かけなくなった気がするんですが……。やっぱりブームは下火になっているんですかね!?

 う~む、サイクリングロードや峠道には、本格ライダーは結構走っているよ。新しく始めようという、“新一年生”が入ってこなくなっちゃったんだな。自転車って紛れもない有酸素運動だから、心肺機能の強化やダイエットにとても効果的なんだよね。それでいて足首や膝へのショックが少ないというメリットばっかりのスポーツなんだけどね。もっとみんな自転車に乗ればいいのになぁ。

奥山 1台20万円、高級バイクだと平気で100万円オーバーという高価格が、入門者を遠ざけているんじゃないかと思いますが。

“Number”ブランドの自転車って?

 奥山の指摘はズバリ正解! しかもそんなに高いバイクを買っちゃうと、ハードなヒルクライムをしなきゃいけないとか100マイルのロングツーリングをこなさなきゃいけないとか……そういう競技志向になりがちなイメージも、ロードバイク人口の減少に影響していると思う。そこで……ジャ~ン! このNEWバイクに注目だぁ!

奥山 なんスか!?  この自転車は! Numberのロゴがど~んと目立って……これって本物の“Number”ブランドの自転車なの?

 失敬な! こいつはそこいらの“安物エセOEM”自転車じゃないだから! 大阪・堺の本格サイクルメーカー、「サカイサイクル」と雑誌『Number』とのコラボバイクの第2弾なんだから。

奥山 ほう!?  第2弾ということは第1弾があったわけですね。

 そう。3~5歳のキッズを対象にした本物志向のバイクが第1弾。「子供がいちばん最初に乗る本格スポーツバイク」というコンセプトで、サカイサイクルが素材、デザイン、品質にとことんこだわって作ったんだ。ほら、これがカタログだよ。

奥山 へ~、オートバイのようなスタイルがユニークですね。おろ!? ちゃんとドロップハンドル仕様のもあるし、おっと、もうひとつはBMXスタイルか!

 3モデルとも高品質アルミニウムを使い、剛性の高いフレームデザインを採用しているんだ。子供用としては、非常に贅沢なバイクだな。

【次ページ】 アーバンバイクは見た目のカッコよさも重要!

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ