酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

負けると観客が減るのはどの球団?
12球団の成績と観客数を調査する。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/10/13 17:30

負けると観客が減るのはどの球団?12球団の成績と観客数を調査する。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

即日完売が恒例になった広島カープのホームゲーム。増設しない限りは、現状を維持していくことが当面の目標になる。

実は中日は昨年より大幅アップ。

<DeNA>

2014年勝率.472(5位)    平均2万1730人
2015年勝率.437(6位) 92.6% 平均2万5546人 117.6% 
2016年勝率.493(3位)112.8% 平均2万6933人 105.4% 
2017年勝率.529(3位)107.3% 平均2万7880人 103.5% 
2018年勝率.475(4位) 89.8% 平均2万8166人 101.0% 

2014→2018観客数増減129.6% 

 数年前まで、横浜スタジアムは、ぶらっと立ち寄って切符を買って野球観戦ができた。満員の試合は数えるほどしかなかったが、今は広島に次いでチケットがとりにくい球団になりつつある。スタンドからみるハマスタの風景は変わった。

 その契機となったのは2012年のDeNAによるチーム買収だろう。以後、横浜スタジアムを経営傘下に収め、トータルなマーケティングを展開するようになった。スタジアム周辺の整備も進んでいる。もちろん、CSに2年連続で進出したアレックス・ラミレス監督の手腕も評価すべきだが。今季初めて200万人を突破。

 ハマスタの定員は3万人と12球団一小さい。球団は来シーズン開幕へ向けて観客席を3500人分増設。2020年にはさらに2500人分増やす。その増設分、お客さんで埋めることができるかどうか、正念場だ。

<中日>

2014年勝率.479(4位)    平均2万7790人
2015年勝率.446(5位) 93.1% 平均2万8469人 102.4% 
2016年勝率.414(6位) 92.8% 平均2万8991人 101.8% 
2017年勝率.428(5位)103.4% 平均2万7927人 96.3% 
2018年勝率.450(5位)105.1% 平均3万0147人 107.9% 

2014→2018観客数増減108.5% 

 2009年まで中日は12球団で巨人、阪神に次ぐ動員数を誇っていた。それが2010年にソフトバンクに抜かれ、2015年には広島、2016年には日本ハムに抜かれて6番目に落ちた。

 落合博満監督のもと毎年優勝争いをしていたにも関わらず、人気はなかったのだ。

 その後はチームも低迷し、観客動員も伸び悩んでいたが、今年、1試合当たり観客数が3000人近く増えた。チームは相変わらず勝てていないのに。

 原因はよくわからない。ただ、この春、沖縄の中日キャンプは前年の3倍ものお客で沸いた。ファンの目当ては「松坂大輔」。「99」のレプリカユニフォームが飛ぶように売れた。ひょっとすると「松坂効果」でお客が激増したのかもしれない。

<阪神>

2014年勝率.524(2位)    平均3万7355人
2015年勝率.496(3位) 94.7% 平均3万9977人 107.0% 
2016年勝率.457(4位) 92.1% 平均4万0994人 102.5% 
2017年勝率.561(2位)122.8% 平均4万2148人 102.8% 
2018年勝率.435(6位) 77.5% 平均4万1126人 97.6% 

2014→2018観客数増減110.1%

 さて、どん尻の阪神。熱狂的な阪神ファンは今もそこら中にいるが、動員率は9割前後で横ばい。「高止まり」ではあるが、数字は動かない。観戦するファンは風船を飛ばし、六甲おろしをうたって楽しそうだが、新しい客層が出てきていない印象だ。

 今季の阪神は20試合も中止があり、戦いにくいシーズンを送ってきた。その点に同情の余地はあるが、他にも観客数が増えないのには理由があるかもしれない。

 チームによって観客動員の事情はさまざまだが、明確な方針がある球団が観客動員を伸ばしている。それはチーム采配と同じだといえるのではないか。

関連記事

BACK 1 2 3 4

プロ野球の前後の記事

ページトップ