JリーグPRESSBACK NUMBER

横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。
ゴール後、左腕にキスをする理由。

posted2018/10/10 07:30

 
横浜FMウーゴはGK泣かせのFW。ゴール後、左腕にキスをする理由。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

体格は日本人とそこまで変わらないウーゴ・ヴィエイラ。しかしコンスタントに得点を奪えるのは、キャリアで培ったメンタリティがあってこそだ。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 上位争いとは無縁のまま、秋を迎えた横浜F・マリノス。だがこのチームには、気になる男がいる。ポルトガルからやって来たストライカー、ウーゴ・ヴィエイラだ。

 外見に際立った特徴はない。

 屈強な肉体があるわけでもなく、スピードに恵まれているわけでもない。華麗なボールタッチを見せるわけでもない。

 だが、点は取る。ペナルティエリアの死角に身を潜め、チャンスになると不意に現われてボールを押し込む。ゴールの多くはワンタッチシュートから生まれている。

 横浜のGKコーチ、松永成立は、キーパー目線から見たウーゴの怖さを次のように解説する。

「彼がゴールを決められるのは、ゴールへの意識が強いから。そして技術があるというよりも、とにかく冷静なんです。キーパーから見ると、緊迫した場面でも落ち着きが見える選手は、ほんとうにいやなものなんですよ」

ラモン・ディアスとウーゴの共通点。

 現役時代、多くの名手と対峙した松永は、そういって厄介なストライカーの代表に、かつての僚友ラモン・ディアスを挙げた。栄えあるJリーグ初代得点王である。

「チームの練習でディアスのシュートで鍛えられていたので、代表に行っても不安なくプレーできました。あれだけのストライカーはそうそういないですからね。ディアスの怖いところは、振りがとにかく速いこと。

 振りが速いので、コースがわかってもタイミングが読みづらい。すぐにずらされてしまいますから。キーパーはタイミングをずらされるのが、いちばんいやなんですよ」

 実はウーゴも、このタイミングをずらす術に長けている。

 松永が続ける。

「彼は駆け引きが上手く、いいポジションを取ってワンタッチシュートを決める。ワンタッチというのは、キーパーとしてはタイミングが取りづらいんですよ」

【次ページ】 チャンスに落ち着いていられる。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウーゴ・ヴィエイラ
横浜F・マリノス
松永成立
ラモン・ディアス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ