バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ富山のオフェンスが破壊的。
原動力は新加入トリオと“北海道”。 

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2018/09/17 08:00

Bリーグ富山のオフェンスが破壊的。原動力は新加入トリオと“北海道”。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

アーリーカップで優勝した富山グラウジーズ。新ヘッドコーチののドナルド・ベックのもと、中地区の台風の目となるか。

3ポイントシューター大塚の成長。

 既存の選手で活躍が光ったのは大塚裕土。入り始めると止まらなくなる3ポイントシューターだが、以前は安定感を欠くところがあり、一昨シーズンに在籍したサンロッカーズ渋谷では十分なプレータイムを与えられなかった。昨シーズン富山に移籍加入してからはシーズンを通してスターター起用され、得点などの数字も安定するようになってきた。

 この試合でも3ポイント4本を含む22得点を挙げ、チーム全体の成功率が5割を超えた3ポイント攻勢の一翼を担った。ベック体制になった今シーズン、大塚はチームにも手応えを感じている様子が窺える。

「オフェンスもディフェンスもやるべきことがクリアになったのでやりやすい。今シーズンは日本人ビッグマンのところもアドバンテージがあると思いますし、コンディションなどのアクシデントがなければコンスタントに勝てる戦力は確実に揃っていると感じます。

 ジョシュもレオもオフェンスをクリエイトできるので、昨シーズンタフだったところが改善されている。ファウルトラブルには気をつけなきゃいけないですが、ファウルをしないための引き出しはコーチが持っていると思うので、僕らはそれを信じてプレーを遂行するだけ」

阿部と大塚と北海道の縁。

 上に挙げた2人の選手には共通のキーワードがある。

 阿部は大東文化大卒業後に、当時JBL所属のレラカムイ北海道に入団。チームが消滅しても北海道に残り、折茂武彦が立ち上げたレバンガ北海道でプレーした。計7シーズンを過ごした北海道には当然ながら愛着を持っている。

「災害が起きて、すぐ昔のチームメートには連絡しました。北海道はそういう災害があまりなかったので、みんなどうしていいかわからない状況で、本当に大変なんだろうなと思うと胸が苦しいです。本来は1回戦に勝ったら次の試合がレバンガ戦だった。

 古巣なので試合したかったですが、レバンガのみんなも試合したかったと思うので、今日はその思いも込めて頑張ろうと。僕は九州出身なので熊本の震災の時も同じ思いでプレーしていましたし、常にその思いは大事にしないといけないと思います」

【次ページ】 「少しでも明るい気持ちに」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

富山グラウジーズ
宇都直輝

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ