野球善哉BACK NUMBER

高岡商のエースは1人ではなかった。
交代を告げられ「大島に託そう」。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/07 15:45

高岡商のエースは1人ではなかった。交代を告げられ「大島に託そう」。<Number Web> photograph by Kyodo News

8回からマウンドに上がった高岡商の大島嵩輝はただの2番手ではない。「エースを支える男」なのだ。

プレイヤーズ・ファーストならば。

「先発すれば完投するつもりではいるんですけど、自分は後ろにあいつがいると助かります。全力で行けますし、安心して投げています。もっといえば投手陣は4人いるので、誰が投げても安心して見ていられるのはあります」

 大島はそういってはにかんだ。

 1人のエースに頼ったチームと、複数投手制を敷いたチーム。

 最近は複数投手制を採り入れるチームが増えてきたのは間違いないが、まだエースは完投するべきという考えも根強く残っている。

 この議論はこれからも続いていくだろうが、高岡商の投手陣を見る限り、選手たちにとっての最善、つまり「プレイヤーズ・ファースト」を念頭に置いてチームづくりをすれば、采配はおのずと決まってくるように思う。

 吉田監督の采配には選手たちへの思いやりがあった。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>史上最強高校を探せ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高岡商業高校
山田龍聖
大島嵩輝

高校野球の前後のコラム

ページトップ