野球善哉BACK NUMBER

1回戦の頂上対決で大阪桐蔭に惜敗。
挑戦者に徹した作新学院の積極戦術。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/06 17:30

1回戦の頂上対決で大阪桐蔭に惜敗。挑戦者に徹した作新学院の積極戦術。<Number Web> photograph by Kyodo News

近年ふたたび甲子園での存在感を増している作新学院。大阪桐蔭に敗れはしたが、彼らは確かに頂上を意識していた。

最後の最後まで大阪桐蔭を追い詰める。

「大阪桐蔭を相手にするならば、攻めていかないと勝てないだろうなと思っていました。2年前に日本一になりましたが、毎年の甲子園が終わると次のチームと考えてきた。どのチームも1年の頑張りを成果として出そうとしてきました。その中で、全国で戦えると思えるときもあれば、そうでない時もあります。今年はそうでない方に近かったかもしれませんが、その中でも今日の試合ではお互いが日本一を意識するチームというなかで、非常にやりがいを感じることができた試合でした」

 0-3の9回表、作新学院は反撃に出た。

 先頭の1番・横山が初球をたたいて、中前安打で出塁すると、2番の篠田も三遊間を破って一、二塁の好機をつくった。最終的には沖のタイムリーで奪った1点のみで反撃は終わったが、最後まで勝利を目指した戦いは、この試合の価値を一層高めた。

 小針監督はいう。

「8回裏、藤原君のタイムリーヒットの際、二塁走者が少し早くスタートを切っていました。藤原君に素晴らしいバッティングをされましたし、これが1球の勝負強さの戦いなのだと思います。1球の勝負を甲子園で学ぶことができた」

 いくばくかの悔しさはあるのだろう。

 だが、小針監督の表情は勝利以上の大きなものを選手たちとともに得られた充実感に満ちていた。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>史上最強高校を探せ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大阪桐蔭高校
作新学院高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ