ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

皐月賞で評価を変えたサンリヴァル。
調教師+騎手、藤岡親子の挑戦。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byShiro Miyake

posted2018/04/18 07:30

皐月賞で評価を変えたサンリヴァル。調教師+騎手、藤岡親子の挑戦。<Number Web> photograph by Shiro Miyake

血統的に地味なこともあってか皐月賞では人気薄だったものの、結果は2着。一躍世代の上位陣として注目度が上がった。

エポカドーロをマークしていた佑介。

 こうして迎えたレース当日。馬体重は前走比マイナス12kgの488kg。これで4走連続での中山への輸送だったが、ここ2走はそれぞれプラス8、プラス10kg。輸送減りはよく聞くが、輸送するたびに増えていた。2歳秋から3歳春のまだまだ成長する時期だけに、どんどん減っていくより良いかとも思われたが、指揮官はそうは考えなかった。だから皐月賞では「意識的に少し減るようにもっていった」と言う。

「そこまではほぼ予定通りに行きました。というか、ゲートが開いてからの展開もほぼ考えていた通りに運んでくれました」

 こう語る健一の言葉を裏付けるように佑介も次のように言う。

「まずは返し馬が本当に良くて、改めて勝ちに行く競馬をしようと思いました。自分としてはエポカドーロが強いと思っていたので、この馬をマークする競馬をしたいと考え、実際その通りに運ぶことが出来ました」

 向こう正面ではアイトーンが逃げてその直後にジェネラーレウーノとジュンヴァルロ。この3頭が先行し、離れた4番手にエポカドーロ、それをマークするようにすぐ後ろにサンリヴァルという隊列になった。

道中は極めて順調だったが……。

 その時の手応えに関して、佑介は続ける。

「折り合いもついてリズム良く走ってくれました。コース取りも通りたいところを回れたので、良いぞって思いながら乗っていました」

 スタンドからその様子をみていた健一は、次のように感じていた。

「渋り気味の馬場(当日は稍重発表)もこなしているし、掛からずに上手に走ってくれている」

 ここまでは親子の意見が一致している。しかしその後、レースが動いた時点での2人の見解は多少食い違った。

【次ページ】 敗因について割れた調教師と騎手の見解。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤岡佑介
藤岡健一
サンリヴァル

競馬の前後のコラム

ページトップ