リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

降格危機デポルがセードルフを招聘。
本人は準備万端、ファンは不安視。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/02/16 08:00

降格危機デポルがセードルフを招聘。本人は準備万端、ファンは不安視。<Number Web> photograph by Getty Images

セードルフの監督としての実績は正直心もとない。しかし、その理想が壮大なことも確かだ。

改革は始まったばかりだが、時間はない。

 そして、気になるのが次のくだりだ。

「自分が監督することになるチームに、カペッロの哲学を植え付けることはない。カペッロの方法は短期向け。自分のやり方はもっと長い期間のためのものだ」

 セードルフはカペッロのスタイルの即効性を認めている。しかし自分は使わないとここでは言っている。

 一方で、彼とデポルの契約は今季いっぱい。それよりなにより、チームが置かれた状況は直ちに結果を出すことを新監督に求めている。

 12日に行われたリーガ第23節ベティス戦、デポルは敗れた。

 これまでにないアグレッシブな姿勢は感じられたものの、トータルフットボールやポゼッションサッカーの片鱗はうかがえず、目に付いたのはいつものロングパス。

 リアソールには指笛が鳴り響いた。

 セードルフの改革はまだ始まったばかり。

 だが、のんびりしている時間はない。

関連記事

BACK 1 2 3
クラレンス・セードルフ
デポルティーボ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ