リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

バルサ最後方に“GK版メッシ”が。
1対1に強すぎるテア・シュテゲン。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/22 08:00

バルサ最後方に“GK版メッシ”が。1対1に強すぎるテア・シュテゲン。<Number Web> photograph by Getty Images

好セーブを連発するテア・シュテゲン。ロシアW杯では、ノイアーから定位置を奪ってドイツの正守護神に君臨するかもしれない。

PSG戦の大逆転劇を演出した好守と的確なパス。

 極限状態における尋常ならざる冷静さは、なるほどテア・シュテゲンの強みといえる。昨シーズンに遡るが、パリ・サンジェルマンを6-1で破ったCLノックアウトラウンド1回戦第2レグ終了間際のワンシーンを覚えている人は少なくないのではないだろうか。

 あと1点を求めて迎えた93分過ぎ、メッシがFKを得ると、テア・シュテゲンも自陣を離れて敵ゴール前まで上がった。メッシが蹴ったボールは敵にクリアされ最後部にいたアルダの足下に飛んだ。が、すぐさまベッラッティに奪われてしまう。

 バルサにとっては絶体絶命のピンチだ。そこに戻ってきたテア・シュテゲンが現れた。状況からして、ベッラッティの身体に手を回し、ファウルでプレイを止めるのが普通だろう。ところが彼は足先だけでベッラッティのボールを奪った上、クリアもせず、右サイドのブスケッツにパスを出したのだ。バルサの6点目は結局そのときベッラッティがテア・シュテゲンに対して犯したファウルから生まれている――。

 バルサがテア・シュテゲンに目を付けたのは2010年。彼がボルシアMGのトップチームに上がったばかりの頃だ。以来スカウトやGKコーチがスポーツディレクターとともに資質を注意深く観察し、4年の後「バルサ向き」を確信して買い上げることを決めた。

 開花は時間の問題だったのかもしれない。そう考えると、いまのセンセーショナルな活躍はなんら不思議なことではない。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
リオネル・メッシ
テア・シュテゲン
ビクトル・バルデス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ