マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

高校野球は、人を粗末に扱ってきた。
野球部員の減少を実感する瞬間とは。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/04/25 11:30

高校野球は、人を粗末に扱ってきた。野球部員の減少を実感する瞬間とは。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

甲子園の観客動員数はここ数年増えている。しかしその場所を目指す球児が減っているとすれば、どこかに問題があるのだ。

野球が絶対だった時代なら続けていた子が。

 子供の遊びといえば野球、少年のスポーツといえば野球だった今から30年、40年前は、自分の野球が人並みだと感じていれば、そのまま、なんとなくでも野球を続けていた。野球以外の競技はそこまで選択肢になっていなかった。

 しかし今は、この40人が割れる。

 野球がそこそこ上手であれば、他のスポーツだってこなせる程度の身体能力は持っている。他のスポーツに魅力を感じている少年たちが、野球から離れていく現象がこのレベルで起こると、たとえばその半分の20人が離脱するとして、野球のスキルが上から70番目だった少年が一気に50番目に繰り上がることになる。

 これが、今の現象のように思う。

 スキルの低下から、部員の減少が見てとれる。

 今の高校野球の現実の一端ではなかろうか。

関連記事

BACK 1 2 3

高校野球の前後の記事

ページトップ