野球善哉BACK NUMBER

安楽智大の232球から4年、今年も……。
WBCの球数制限とセンバツの野放図。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/04/02 08:00

安楽智大の232球から4年、今年も……。WBCの球数制限とセンバツの野放図。<Number Web> photograph by Kyodo News

今大会最多の1日で218球を投げた東海大市原望洋の金久保優斗。“熱投”の代償が大きなものにならないことを願うばかりである。

登板可否の決断は、監督ひとりの知識では限界が。

 となると、専門家の声がやはり有効になる。

「僕たちが甲子園でケアをしていることとは別に、各地方大会での治療活動からデータを集めて世に出していくというのも大事なのかもしれません」と久田さんは話している。

 200球近くの投球が普通に存在する甲子園は、未だ変化の途上である。安楽の事件から4年の歳月を経ても状況が大きくは変わっていないことに対して、メディアのはしくれとして責任を感じている。

 しかし、WBCというタイミングがチャンスなことも間違いない。

 世界中のプロ選手たちが、球数制限によって身体をケアしながら世界一を目指したWBCに学ぶいい機会だ。

 登板の可否を決断するには、監督ひとりの知識では限界がある。

 医学の専門家の力を借りて、いまいちど科学的根拠をもとに望ましい姿を探してほしい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7
安楽智大
金久保優斗
棚原孝太
三浦銀二
伊藤敦紀
摺石達哉

高校野球の前後の記事

ページトップ