オリンピックへの道BACK NUMBER

平昌五輪の3枠確保が瀬戸際だが……。
三原、樋口、本郷は自分自身の滑りを。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/03/28 08:00

平昌五輪の3枠確保が瀬戸際だが……。三原、樋口、本郷は自分自身の滑りを。<Number Web> photograph by AFLO

急遽の出場となった本郷理華だが、世界選手権は3回目。五輪の3枠確保に期待がかかる。

将来を考えれば、ここで無理をすることこそナンセンス。

 インタビューでは、平昌五輪への思いも語っていた。言葉そのもの以上に、彼女の眼差しが、先をしっかり見据えていることを示していた。

 話の中では、日本女子の中での自身の立ち位置への自覚と責任もうかがえた。だからきっと、枠取りの役目を果たせない責任も強く感じているのではないか。

 だがもっとも重要なのは、自身のスケーターとしての将来だ。それを考えれば、ここで無理をすることこそナンセンスだ。

 だから自分に集中して、完全な治療と、それからの復帰にこそ、力を尽くしてほしい。

 間もなく大会は開幕する。大舞台で、思い切りのいい滑りを。そう思う。

関連コラム

BACK 1 2 3
宮原知子
三原舞依
樋口新葉
本郷理華
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ