#sotaronbaBACK NUMBER

NBAはスポーツのジャンルを超えて。
大物達が集まるオールスターの内幕。
 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byJennifer Pottheiser/NBAE via Getty Image

posted2017/02/27 11:00

NBAはスポーツのジャンルを超えて。大物達が集まるオールスターの内幕。<Number Web> photograph by Jennifer Pottheiser/NBAE via Getty Image

オールスターMVPのアンソニー・デイビス(左)はウェストブルック(右)からMVPを獲るコツを教えてもらったとか。

最先端技術までもが惜しげもなく披露されるNBA。

 この「テックサミット」で発表された技術は積極的に採用され、今回のオールスターでも最新のVR中継などが話題となっていた。

 中でも、選手の身体に日常生活からセンサーをつけておき、心拍数や体調、朝の食事からその日のパフォーマンスまで……まさに生活のあらゆる健康データを割り出す技術が注目されていた。そのシステムは、試合でのシュート率までも計れるようになっていた。プレゼンに参加した現役選手が、それをつけてシュートを打ったが外してしまい、苦笑いするひと幕もあった。

オールスターの裏の主役はNBAのレジェンドたちだった。

 本戦の前のいくつものイベントを通じて、NBAが「スポーツ」「生活」「ビジネス」という大きな3部門をうまく巻き込みながら業界の発展とスポーツを超えた文化の構築に成功している要因が分かってきた。

 そして、これらのシーンでキーマンとして貢献していたのが、現役選手とともに、引退したNBAのレジェンド達だった。

 ゲイリー・ペイトン、ドミニク・ウィルキンズ、ディケンベ・ムトンボ、ブラジルの伝説の選手、オスカー・シュミット……などの積極的な姿が印象的だった。レジェンドたちは、アリーナ内のあらゆる場所で人と人をつなげる役割も果たしていた。

 オールスターという場では、表舞台の華が現役選手であるならば、裏舞台の柱はレジェンド達のようにも思えた。

2人への連日の過酷な質問攻めにA・デイビスは……。

 様々なイベントが繰り広げられる中、本戦前日のメインコートでは、スラムダンクコンテストや3Pコンテストが行われる前夜祭が開催されていた。

 前夜祭に先駆けて、当日の午前中は東西のオールスターメンバーが公開練習をし、その後再びメディアの質問に答える予定になっていた。

 注目された西軍の練習風景だが、KDとウェストブルックはお互いコートの反対側に分かれ、一切交わることはなかった。練習後、メディアはKDとウェストブルックの因縁のドラマに対して、火に油を注ぐような激しい質問攻撃を浴びせていた。

 そして……そんな騒がしい日でさえも、アンソニー・デイビスは模範生のように振る舞っていた。

【次ページ】 試合前の3日間、まったく交流しなかった2人。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ケビン・デュラント
ラッセル・ウェストブルック
ニューオーリンズ・ペリカンズ
アンソニー・デイビス
カイリー・アービング
デマー・デローザン
レブロン・ジェームズ
ヤニス・アデトクンボ
ジミー・バトラー
ステフィン・カリー
カワイ・レナード
サクラメント・キングス
デマーカス・カズンズ
ジェイムズ・ハーデン

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ