プロ野球PRESSBACK NUMBER

盗塁王・金子侑司が生まれるまで。
こだわりを捨て、周囲に愛されて。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/10/19 11:30

盗塁王・金子侑司が生まれるまで。こだわりを捨て、周囲に愛されて。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

金子は今季129試合に出場し、打率.265、安打122、打点33、盗塁53、出塁率.331と、プロ4年目で自身最高の数字を残した。

2番の秋山は待球などの負担にも笑顔で協力。

 佐藤コーチは語る。

「終盤、奈良原コーチ(浩・日本代表ヘッドコーチ)が田邊(徳雄)監督に提案して、チーム全体が金子の盗塁数を伸ばすことに協力してくださいました。1番に起用して、戦術面などでも、彼がやりやすいようにしてくれた。周囲の協力なくしてこのタイトルはなかったと思います。ただし、それは、金子が必死に努力している姿をみんなが見ていたからこそ。金子が人間的に成長したことが成績を残せたいちばん大きな要因だと思います」

 チームのサポートがあってこそのタイトル獲得であることは、金子自身もよくわかっている。特に、金子が1番に入った試合において、2番を打つことが多かった秋山翔吾に対する思いは格別だ。

「初球で必ず走れるかというと、そういうものでもないので、どうしても2球、3球と待ってもらう場面が多かったですから。それが秋山さんのバッティングの足かせになってしまっていた打席もたくさんあったと思う。そんな中でも、試合前には笑顔で『今日、走れそうか?』と必ず声をかけてくれて、思い切ってスタートを切りやすい環境を作っていただきました。感謝しているのと同時に、そういうことを当たり前にできる秋山さんは改めてすごい選手だなと感じました。とにかく盗塁は、1人で走れるものではない、周囲の協力があって初めてできること。首脳陣はもちろん、チームの皆さんに改めて感謝したい賞ですね」

佐藤コーチ「個数が伸びれば、自分から走る気になる」

 佐藤コーチは続けた。

「今後もまだまだ勉強が必要ですが、盗塁の個数が伸びれば、本人の盗塁に対する意欲もかわる。そして自分からやってやろうという気持ちになる。今はその第一段階を突破したところでしょうか」

 よりマークが厳しくなり、相手に研究される来季以降が注目される。

「今シーズン、しんどいと思う時期もありましたけど、そのしんどさがうれしいです。こういうしんどさを味わえたのは大きかったと思います。1シーズン、これだけの試合に出るのも初めての経験だし、初めて味わうことも多かったですから。来年は開幕からしっかり試合に出ること、そしてこの取り組みを続けるという目標もできました」

 そう充実した表情で語る金子に来シーズンも期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
金子侑司
埼玉西武ライオンズ
佐藤友亮

プロ野球の前後の記事

ページトップ