ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

内山高志が36歳で選んだ現役続行。
誰にも相談せず、体と心に問いかけ。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/10/13 17:30

内山高志が36歳で選んだ現役続行。誰にも相談せず、体と心に問いかけ。<Number Web> photograph by AFLO

内山高志が、リングに帰ってくる。9月には長谷川穂積が世界王者に返り咲くなど、ボクサーの選手寿命は延びている。

コラレスとの再戦はすでに「大筋合意」状態。

 さて、圧倒的に優位と見られながら足元をすくわれたコラレスとの再戦は、渡辺会長によると現時点で「大筋合意」。年末に再び拳を交えるのはほぼ確定という状態だ。内山は2回TKO負けという前回の結果に、自分なりの整理をつけている。

「(事前に)コラレスの映像を見て、ああいうふうに積極的に前に出てくるパターンはなかった。ちょっと意外というか、見ていた映像とまったく違う動きをされてしまった。でも一流だったら、そこですぐ対処しなくちゃいけない。あのままやられてしまったのは二流ということ。(ただし)相手のスピードもわかったし、やりづらさもわかった。次は対策が練れますから。いけるという自信はあります」

記録が途絶えたことで見える境地もあるはず。

 連続防衛記録が途絶え、内山は新たな境地に立っているとも言える。

「正直言うと、けがもありながら6年半かけて11回防衛してきて、負けてちょっとさびしいという気持ち、もったいないことをしたという気持ちはある。でもこれでまた試合ができるという楽しさが出てきた。前までの防衛は忘れて、チャレンジャーとしてやっていきたい」

 コラレス戦で勝利すれば、米国でビッグマッチという内山のかねての希望が再び現実味を帯びるかもしれない。かつてWBC世界バンタム級王座を10度防衛した長谷川穂積は今年9月、35歳にして3度目の世界王者返り咲きをはたし、多くのファンから喝采を浴びた。連続防衛記録の呪縛から解き放たれた“チャレンジャー”内山は、いかなる“最終章”を見せてくれるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
内山高志

ボクシングの前後の記事

ページトップ