Number ExBACK NUMBER

「自分が打線の中に入っていたから」
大谷翔平が明かす、優勝した夜の心境。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/10/06 12:50

「自分が打線の中に入っていたから」大谷翔平が明かす、優勝した夜の心境。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

クライマックスシリーズでは10月12日のファイナルステージから登場。第1戦の先発が予想される大谷。

感情をむき出しにした試合と、そうでない試合。

 優勝の余韻も冷めやらぬ9月末日、大谷が弊誌の独占インタビューに答えた。

 聞き手は弊誌連載「野球翔年」で、大谷の投打を見続けている石田雄太氏。

 その最初の質問は、「感情を出していたホークス戦と、静かだったライオンズ戦の違いは?」だった。

 それに対する大谷の答えは、「自分が打線の中に入っていたからなのかもしれませんね」――。その一言には、大谷にしかわからない二刀流のメンタリティが隠されていた。

 本日発売のNumber912号「BASEBALL CLIMAX 2016 侍スラッガー進化論」では大谷を筆頭に、クライマックスシリーズを争うホークスの柳田悠岐、マリーンズの角中勝也、セ・リーグでは鈴木誠也、ジャイアンツの坂本勇人、筒香、さらに山田やイチロー、選抜甲子園出場を目指す早実の清宮幸太郎まで、ひたすらスラッガーにテーマを絞った特集になっています。石田雄太さんによる大谷インタビューの続きも、是非本誌でお読みください。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
栗山英樹
北海道日本ハムファイターズ
イチロー
松井秀喜
筒香嘉智

プロ野球の前後の記事

ページトップ