サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

遠藤航、ダービーで悔やんだ2失点。
リオで必須の「ふとした時の集中力」。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/07/20 17:30

遠藤航、ダービーで悔やんだ2失点。リオで必須の「ふとした時の集中力」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

大宮との“さいたまダービー”では2失点を喫した遠藤だが、相手の決定機をシュートブロックする場面もあった。

「アンダー世代でやってきたものすべてを出して勝つ」

 U-17とU-20のワールドカップには出場できなかった。リオ五輪は自身初の世界大会である。気持ちが昂ぶらないはずがない。

「けっこう長い間、一緒にやっている選手は多くて。アンダー19のときからずっと世代別代表に入り続けている選手も多いので、そこはうん、ホントに集大成と言っていい大会になると思います。アンダー世代でやってきたものをすべて出して、勝って終わりたい。テグさんはメダルを獲ると言っているし、僕ら選手もホントにメダルを目標にしています」

 浦和レッズで背番号6を背負い、オリンピック代表では背番号3が馴染む彼──遠藤航は、穏やかな表情のなかに強い意思を感じさせ、7月19日からの国内トレーニングに臨んでいる。

 ナイジェリアとのグループリーグ第1戦は、14日後に迫ってきた。

関連記事

BACK 1 2 3
遠藤航
浦和レッズ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ