パラリンピックへの道BACK NUMBER

ハンドボールから転向して一年。
パラ陸上異色の代表候補・辻沙絵。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShingo Ito/AFLO SPORT

posted2016/04/29 08:00

ハンドボールから転向して一年。パラ陸上異色の代表候補・辻沙絵。<Number Web> photograph by Shingo Ito/AFLO SPORT

ハンドボール選手だった辻沙絵は昨年3月に陸上転向、その年の内に200mで日本新記録樹立、100mで世界選手権6位入賞。期待大のスプリンターだ。

陸上転向したその年に世界選手権へ。

 すると瞬く間に頭角を現し、昨年10月の世界選手権に出場。6位入賞を果たした。

 昨年12月の「毎日新聞障がい者スポーツフォーラム2015」に出席した辻は、ハンドボールとの違いに触れて、こう語っている。

「ハンドボールでは結構な距離を走るので、100mは短いと思っていました。ところが、いざ走ると、こんなに長かったんだと思いました。100mの中でやることがたくさんあって、こんなに難しくて奥が深いのかと驚きました」

 世界選手権に出場した経験を踏まえ、こうも話している。

「陸上という世界が、ここまで自分が輝ける場所だったんだと私自身驚いています」

 一度知ってしまった魅力だから、リオデジャネイロへの意志も強い。伸び盛りなだけに、今大会で注目の一人だ。

「柔道らしさを味わえる」パラ柔道。

 辻だけではない。それぞれの足取りを刻んで、リオデジャネイロパラリンピックを目指す選手たちがいる。その気迫とパフォーマンスを楽しみにしたい。

 5月4日には、リオデジャネイロ・パラリンピック柔道競技 日本代表候補選手選考大会が東京・講道館で開催される。男女ともに実施されるが、行なわれるのは日本が出場権を獲得している階級だ。

 パラ柔道とは、視覚障害者柔道である。健常者の柔道と大きく異なるところはないが、その中で大きな違いがあるのは、対戦する選手同士がお互いに組んでから、試合が始まることにある。組み手争いがないということだ。そのため、「柔道らしさを味わえる」と評する人もいるほどだ。

 ロンドンパラリンピック100kg超級で金メダルを獲得、連覇を目指している正木健人も出場を予定している一人。天理大学時代には、篠原信一氏に指導を受けていた。

 ロンドンに続く連覇を目指す正木の戦いぶりも、楽しみなところだ。

 どの競技であれ、大舞台を目指す選手たちの意気込みに変わりはない。

 それがどのように大会で発揮されるのか、楽しみだ。

関連記事

BACK 1 2
辻沙絵
日本体育大学
正木健人
篠原信一
リオデジャネイロ・パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ