野球善哉BACK NUMBER

「10勝なんて絶対無理だと思ってた」
開幕抜擢の菊池雄星、やっとの自覚。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/03/24 10:40

「10勝なんて絶対無理だと思ってた」開幕抜擢の菊池雄星、やっとの自覚。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

9勝は2度あるが、二桁勝利はまだない。しかし2013年の前半の投球ができれば、最多勝も決して夢ではない器の投手だ。

「勝たなかったら意味がないじゃないですか」

 菊池は続ける。

「やっぱり勝たないと評価されない。ブルペンでどれだけ速い球を投げても、勝たなかったら意味がないじゃないですか。昨年、157kmを投げた試合も負けているんです。自己満足のピッチャーではなく、しっかりと評価されるピッチャーになりたい」

 今季は菊池にとって、精神的なものも含めた戦いの1年になるだろう。

 球界のエースが居並ぶほかの開幕投手たちと同じようにローテーションを1年間回り、存在感を示せるか。

 特に、菊池はプレッシャーにもろさを見せる印象があるだけに、張り詰めた緊張感の中で繰り広げられるエース対決で、新しいスタイルのピッチングでどこまで相手を制することができるのか。

「去年は結果が出ていないので、『プレッシャーに弱い』といわれても仕方がないと思いますけど、自分はプレッシャーの掛かる大舞台の方が好きだし、注目されている中でやることにやりがいを感じています。開幕投手に指名されて『どうしよう』と思っているようでは投手として終わりだと思う」

「本当に“スモールステップ”でここまできました。周りの方々は僕にストレスを感じていたと思うんです。高卒で入ってきたころとは立場は違うし、多和田や光成がいますし、下から上がってくる投手もいます。もう僕には時間がないと思っています。開幕を務める今年こそ、爆発したい」

 開幕を務めることはカード頭を務めることを意味し、それは彼が望んできたことであり、また飛躍するためのステップになるだろう。

 2016年シーズン、菊池雄星は、果たして、真の意味での“エース”の仲間入りを果たせるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
菊池雄星

プロ野球の前後の記事

ページトップ