野球クロスロードBACK NUMBER

巨人・内海が差しかかる“30代の壁”。
工藤、山本昌、三浦と共鳴する意識。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/03/03 10:40

巨人・内海が差しかかる“30代の壁”。工藤、山本昌、三浦と共鳴する意識。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2011、2012年は2年連続で最多勝という圧巻のパフォーマンスだった。内海哲也、枯れるにはまだ早過ぎる。

「自分は一番下手なんだと思って取り組む」(内海)

 DeNAのベテラン・三浦大輔も事あるごとに口にしている「引き出し」を、この時点で内海は認識していたことになる。

 そんな内海は当時、数々のトレーニングを実践していることについて、真摯に思いを伝えてくれたことがあった。

「現状には満足したことはないですし、現役である以上は『自分は一番下手なんだ』と思いながら練習に取り組んでいるつもりです」

 '08年まで3年連続2けた勝利をマークし、その後も巨人のエースとしてチームを牽引していた男が、「自分は一番下手」だと言い放ったのだ。その言葉の背景には、並々ならぬ向上心が存在していたのではないだろうか。

 現に「内海の自主トレはきつい」と、彼を知る選手の間では有名だという。再起を誓う今年は、ストレッチ効果を上げるためにバドミントンをし、敏捷性を養うべくラグビーを取り入れるなど、新しい練習メニューを精力的に導入した。そして、万全の状態で春季キャンプに臨み、今も順調な仕上がりを見せている。

 今季、巨人のキーマンが復活を果たし、再び投手陣の柱として躍動する材料は揃っている。内海がこれまで培ってきたトレーニングや知識は、絶対に嘘をつかないはずである。

関連記事

BACK 1 2 3
内海哲也
山本昌
工藤公康
三浦大輔
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ