野球善哉BACK NUMBER

あいさつ代わりには衝撃が強すぎる。
巨人1位・桜井俊貴の18奪三振ショー。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/11/30 10:40

あいさつ代わりには衝撃が強すぎる。巨人1位・桜井俊貴の18奪三振ショー。<Number Web> photograph by Kyodo News

桜井俊貴が1位指名されるとは、1年前までほぼ誰も考えていなかった。しかしもはや彼の力を疑うものはいないだろう。

カウントを稼ぐためにこそ、速い球は活きる。

 食事とトレーニングを並行しての身体づくり、そして、意識の変化。

 4年生になって、桜井のボールは145kmの壁を超えるようになっていった。

「体に軸ができてきて、力が入るようになってきました。バランスが自然とよくなって、球速も伸びてきました。そんなに力を入れなくても、速い球を投げられるようになったんです。ストレートで空振りをとったり、ファールでカウントを稼げるようになりました。」

 野球の流れを考えた時に必要な要素として考えた「はやいカウントで追い込む」ピッチングができるようになり、彼は劇的な成長を遂げたのだった。

 冒頭の東北福祉大戦での18奪三振はチェンジアップが効果的に決まってのものだったが、はやいカウントが追い込めたことが、桜井のピッチングをより優位に運んでいた。

桜井「スタイルはこれからも変わっていく」

 もっとも、実際のところ桜井は三振を多く取るタイプではない。

 ただ、引き出しとして三振も取れることを証明したという意味において、今回のピッチングが桜井の野球人生を明るくすることは違いない。

 U-21日本代表のチームメイトだった田口麗斗や豊田清コーチのいる巨人に指名されたという縁も、桜井にとって効果的に働くだろう。

「スタイルはこれからも変わっていくと思うんです。僕は考えて野球をやるのが好きなので、これからも考えながら、やっていきたいですね。自分をどれだけ客観的にみられるかが大事なことだと思う。プロの世界で10年でも20年でもやっていけるような、息の長い選手になりたい」。

 ひとまず、巨人担当記者たちの注目を一心に集めた奪三振ショー。

 それは、あいさつ代わりというには十分なくらいの衝撃だった。

関連コラム

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
桜井俊貴

プロ野球の前後のコラム

ページトップ