野球善哉BACK NUMBER

大量18点を生んだプレーボールヒット。
鹿実が味方にした甲子園の不思議。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/08/06 17:30

大量18点を生んだプレーボールヒット。鹿実が味方にした甲子園の不思議。<Number Web> photograph by Kyodo News

2番手投手としてマウンドにも上がった有村健太。この日は4安打1四球でリードオフマンとしての働きを存分に果たした。

主将「今年のチームは貪欲に行くことがテーマ」

 戦前には、両チームにこれほどの差があるとは見られてはいなかった。相手の北海は、今年春の北海道大会、夏の南北海道大会と連覇しているチームだし、2枚看板を軸にした投手陣がそう簡単に打たれはしないというのが大方の予想だった。

 しかし、その予想に反して一方的な流れを作ったのが有村であり、流れに乗った積極果敢な走塁を絡めた攻撃が北海を圧倒したのだ。

 森口主将は言う。

「今年のチームは、“貪欲”に行くことがテーマです。“貪欲”に甲子園を目指してきましたから。鹿児島代表として、県民の皆さんに『引いた』姿は見せたくなかった。それを有村が見せてくれたと思います」

 開幕戦での大勝で、勢いに乗ったことは間違いない。

 鹿実は今年で創部100年目。高校野球100年にあたる今年の開幕戦を鹿実が飾ったのは何か因縁めいている。

「創部100年とかはあまり気にしていませんけど、花を添えたいって気持ちはあります。少しは歴史に名を刻みたい」

 指揮官の最後の一言は、頂点を狙っているという誓いに聞こえた。

関連記事

BACK 1 2 3
宮下正一
有村健太
北海高校
鹿児島実業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ