野球クロスロードBACK NUMBER

谷繁元信、史上初の3018試合出場。
捕手失格寸前で気づいた“自分の形”。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/08/04 10:40

谷繁元信、史上初の3018試合出場。捕手失格寸前で気づいた“自分の形”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

1989年のデビュー以来、2014年までシーズンの半分以上の試合に出続けている谷繁元信。2000本安打も達成し、まさに「継続は力なり」を体現する捕手だ。

「みなさんが評価してくれることですから」

 2002年にFAで中日に移籍してからも絶対的な正捕手として、谷繁はチームを4度のリーグ制覇と1度の日本一に導いた。

 これまでゴールデングラブ賞6回にベストナイン1回。名実ともに「球界を代表する捕手」と呼ばれ、他球団からは「存在するだけで脅威」と畏怖の念を与える選手となった。

「そういうのは、みなさんが評価してくれることですから」

 出場試合記録を塗り替えても同じことを述べていたように、谷繁は自分の実績について言及することはない。

 なぜなら、彼は監督兼任とはいえ、今でも現役のプロ野球選手であり、キャリアとスキルを積み重ねている最中だから。

 歩み続けている以上、自分を評価する暇などないのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
谷繁元信
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
佐々木主浩
大矢明彦
近藤昭仁

プロ野球の前後の記事

ページトップ