Before The GameBACK NUMBER

異能の人、元大関貴ノ浪の「懐の深さ」。
~享年43、早過ぎる死を偲んで~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/07/10 10:30

異能の人、元大関貴ノ浪の「懐の深さ」。~享年43、早過ぎる死を偲んで~<Number Web> photograph by KYODO

生涯成績777勝559敗、優勝2回。昨年、胃がんの手術を受けていた。写真は1996年初場所での初優勝時。

武蔵丸の引退を耳にし、落涙した時のある言葉。

 青森の東奥日報紙が郷土力士の惜別コメントを掲載した(鉤括弧内を引用)。深浦町出身の相撲巧者、安美錦は「あの懐の深さをどう攻略しようかと考えて対戦していた(略)」。元小結の高見盛、板柳町生まれの振分親方は「自分のような不器用なタイプでも受け入れてくれる懐の深さがあった(略)」。土俵の内と外、それぞれの「懐の深さ」が語られている。差し手を気前よく与えても最後は負けない。異質の個性を肯定、なお、自分の内面はちっとも揺るがなかった。

 現役のころ土俵の下から審判より先に物言いをつけた。まっすぐな感受性の発露だ。のちのNHK解説では常に的の真ん中を射た。テレビ出演は人間の本音をしばしばさえぎる。
つい保身がよぎって正直の手前で引き返すのだ。この人は違った。

 11年前の5月、現役引退。なにしろ、好敵手の武蔵丸がその前年に土俵を退くと、当時はそんなに親しくもなかったのに、たまらず支度部屋で落涙した。こんどは我が身、もっと泣くぞ。ほら泣いた。

 本人は取材の輪に言った。

「全然、悲しくない。悲しくないけど涙が出る」

 この世から、元貴ノ浪、本名、浪岡貞博がいなくなり悲しい。悲しくて涙が出そうだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

貴ノ浪

相撲の前後のコラム

ページトップ