SCORE CARDBACK NUMBER

「いつでもかかってこい!」レスラー曙、10年の充実。
~三冠王座奪回、全日の“横綱”に~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/06/19 10:30

「いつでもかかってこい!」レスラー曙、10年の充実。~三冠王座奪回、全日の“横綱”に~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月21日、後楽園大会で全日本三冠ヘビー級王座を奪取し、事務所で戴冠会見に臨んだ曙。

 6月は「梅雨枯れ」。プロレスの興行にとっては、GWと夏休みの狭間にあって最も苦しいシーズンだ。

 この時期、全日本の命運を託されたのが元横綱・曙である。さる5月21日、東京・後楽園ホールで行なわれた三冠ヘビー級選手権試合。挑戦者・曙が王者・潮崎豪を21分29秒、新殺法のヨコヅナファイナルインパクト(両腕を固めての脳天突き落とし)でKO。1年ぶりに王座を奪回し、再び全日本マットのど真ん中に立った。

「心技体ががっちり合っている」の勝利コメント通り、怒濤の攻めだった。潮崎がブレーンバスターにくるところを逆に押し倒し、210kgの超重量でボディプレス。あとは勢いに乗ってタイトル戦とっておきの“武器”で一気に勝負をつけた。プロレスに転向してちょうど10年、とかくスタミナ面で疑問視されてきた曙だが、20分を超える試合をこなしたことはひとつの進歩の証だろう。昨年、体調不良(不整脈)でベルトを返上した無念を晴らすファイトであったことは確かだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 482文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

待ってろ、ウィンブルドン。

Sports Graphic Number 880

待ってろ、ウィンブルドン。

 

関連記事

曙太郎
宮原健斗
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ