SCORE CARDBACK NUMBER

阿修羅・原と馬場さんをつないだ一本の電話。
~天龍の名パートナーを悼んで~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2015/05/30 10:30

阿修羅・原と馬場さんをつないだ一本の電話。~天龍の名パートナーを悼んで~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

1991年、横浜アリーナでのSWS創立1周年記念試合で並び立つ阿修羅・原(右)と盟友天龍。

 日本一のタフガイが逝った。キャップ16を持つラグビーの元日本代表からプロレスに転向して話題をさらい、国際、全日本、SWS、WARと4つの団体を股にかけて活躍したレスラー阿修羅・原(本名・原進)が4月28日、長崎県雲仙市内の病院で亡くなった。心筋梗塞を患って入院していたが、死因は肺炎。68歳だった。

 あれは'81年のことだ。国際プロレスが倒産し活躍の場を失った原は、プロレスを諦めて郷里の長崎県諫早市に戻り、実家の農業を継ぐ決意を固めようとしていた。そんなある日、午前零時を回った頃だった。たまたま自宅で仕事をしていた私の部屋で電話が鳴った。ジャイアント馬場さんからだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

阿修羅・原
ジャイアント馬場
ジャンボ鶴田
天龍源一郎

プロレスの前後のコラム

ページトップ