JリーグPRESSBACK NUMBER

J1残留争いの5クラブを徹底分析!
密かに注目する、清水の“切り札”。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/11/21 10:30

J1残留争いの5クラブを徹底分析!密かに注目する、清水の“切り札”。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

大榎監督就任後だけで3ゴールを決めている清水の切り札・村田和哉。Jリーグの「オリジナル10」で降格経験のない清水を襲った危機を、跳ね返すことができるか。

清水の頼れる切り札・村田和哉が急成長中。

 最後に、筆者が注目しているのは清水だ。清水は天皇杯で準決勝まで勝ち残った結果、他チームよりも1試合多く公式戦が組み込まれる過密日程となる。

 ただ清水には、急成長中の頼れる切り札が存在する。

 村田和哉、である。

 野洲高で乾貴士と同級生だった村田は、大学卒業後にC大阪を経て'13年途中に清水へ加入した。昨年までの3年間でゴール数は3。どちらかというとチャンスメーカーの印象が強かった。今季はここまでリーグ戦27試合に出場しているが、すべて途中出場だ。

 その村田が、7月に大榎克己監督が就任してからの3カ月間だけで3得点をマークしている。「スーパーサブ」としての役割を十分すぎるほど果たしているのだ。

 そのゴールも徳島、C大阪という残留を争うライバルから勝利をもぎ取る一撃、そして前節の川崎戦では終了間際の決勝点と、すべて重要な局面で生まれたものだった。

村田「常に自分がチームを救おうと思ってます」

 劇的な勝利を挙げた川崎戦後、大榎監督は村田の特徴、そして信頼をこう語っている。

「スピードや裏への飛び出し、ドリブル突破を期待して使っています。彼は短い時間でも結果を残してくれますし、練習後も1人で黙々とシュートを打っている。そういう地道な努力が実ってくれてうれしく思います」

 村田自身は、C大阪時代にチームメートだった播戸竜二を信奉し、明るいキャラクターの“有言実行タイプ”である。それはダメ押し点を挙げたC大阪戦の言葉が象徴している。

「常に自分がこのチームを救おうと思ってます。自分がゴールすることだけを練習からイメージしてたので“(ゴールは)当然やったな”ぐらいの気持ちです」

 ややもすれば強引に見える突破が、膠着した展開を打破することがある。村田の自信は、チームにも活力を与えているように映る。

「シックス・ポインター」での勝利か、残留争いの経験値と粘りか、切り札の一撃か――。今年のJ1も、最終節まで目の離せないサバイバルとなりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ヴァンフォーレ甲府
ベガルタ仙台
清水エスパルス
大宮アルディージャ
セレッソ大阪
村田和哉
大榎克己

Jリーグの前後の記事

ページトップ