Number Do SpecialBACK NUMBER

<トレイルランナー連続インタビュー> 山を走ることが人生について教えてくれたこと。 

text by

山田洋

山田洋Hiroshi Yamada

PROFILE

photograph bySho Fujimaki

posted2014/09/17 11:00

<トレイルランナー連続インタビュー> 山を走ることが人生について教えてくれたこと。<Number Web> photograph by Sho Fujimaki
昼夜を問わず、100マイルもの山道を駆け抜ける
トレイルランニングのトップ選手たち。
ウルトラトレイル・マウントフジに出場するために集った
4人のランナーの声に耳を傾けると、他のプロスポーツにはない、
各々の人生と“山を走ること”の濃密な関係が浮かびあがってきた。

好評発売中の「Number Do 達人が教える 山旅に行こう。」より、
世界的トレイルランナーの連続インタビューを公開します。

 第3回を迎えたウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)。今季から始まった長距離トレイルランニングレースのシリーズ戦「UTWT(ウルトラトレイルワールドツアー)」に組み込まれたこともあり、今年は世界中からトップランナーが多く集った。

 アメリカやヨーロッパを中心にレースで実績を残し、ランナーたちの憧れの的になり、アウトドアブランドなどからサポートを受けているアスリートたちだ。

 そんな彼らに、ひとつの質問をしてみたかった。

――あなたにとってトレイルランニングは、仕事ですか? 趣味? それともライフスタイルなのでしょうか?

 トレイルランニングというスポーツには、様々な側面がある。順位やタイムを争う競技としての一面、山を楽しむアウトドア・レジャーとしての一面、そして文明社会で生きる自分を見つめ直すきっかけとしての一面。どの側面が強くなるのかは人それぞれだ。

 では、多かれ少なかれトレイルランニングを“仕事”としているトップ選手たちは、どうなのだろうか?

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4878文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

達人が教える 山旅に行こう。

Sports Graphic Number Do 2014 Summer

達人が教える 山旅に行こう。

 

ライアン・サンデス
フェルナンダ・マシェール

陸上の前後の記事

ページトップ