SCORE CARDBACK NUMBER

新日本のエース・オカダのドロップキックに夢をみる。
~G1王者“金になる”王道の技~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/09/10 10:00

新日本のエース・オカダのドロップキックに夢をみる。~G1王者“金になる”王道の技~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

中邑の後頭部にドロップキックを見舞うオカダ。高い跳躍からの美しいフォームは必見だ。

 夏の盛りに素晴らしい試合をみた。秋桜が咲き始めた近頃になっても忘れ難い好ファイトだった。

 8月10日、埼玉・西武ドームで行なわれた新日本プロレスのG1クライマックスの優勝決定戦。オカダ・カズチカが中邑真輔の必殺ボマイェ(走り込みヒザ蹴り)を封じ、得意のレインメーカー(至近距離からのラリアット)3連発を叩き込んだ試合だ。オカダは23分18秒で決着をつけ、自身2度目の優勝を飾った。

「プロレスはヘビー級だ」と実感させられた今年の大会だった。史上最多の22選手出場とは謳いつつも、年々小粒になっていくG1出場選手たち。しかし決勝対決はオカダが191cm、中邑188cmと、1万8000人(主催者発表)の観客を詰め込んだ西武ドームにふさわしい、ボリューム感たっぷりの試合だった。台風の直撃を受けながら、お客もよく入った。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

オカダ・カズチカ
中邑真輔

プロレスの前後のコラム

ページトップ