プロ野球亭日乗BACK NUMBER

白い歯も、過剰な演出も必要ない!
ギラギラした“夢の球宴”を取り戻せ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/07/11 10:30

白い歯も、過剰な演出も必要ない!ギラギラした“夢の球宴”を取り戻せ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

160kmを連発している大谷翔平投手も、オールスターに選出されている。最高のストレートと、茶番劇。ファンがどちらを欲しているかは明らかではないだろうか。

今年のファン投票は昨年から17万票以上の大減少。

 今年のオールスターのファン投票は162万7450票で、最多得票はオリックスの糸井嘉男外野手の48万7246票だった。

 以前はインターネットでの投票が無制限だったが、2004年から1日5回までに制限され、'08年からは1日1回と投票ルールの変更がなされたことはあるが、以前は100万票を越える得票の選手が多くいたのに比べると、票数は半数以下に落ち込んでいる。

 また投票総数も10年前の約396万票から230万票余減少した。昨年(180万4181票)と比べても17万6731票減という大幅な減少だった。

オールスターに白い歯も過剰な演出もいらない。

 しかもセ・リーグは前半戦の広島の躍進を受けたのか、広島から8選手が選出され、その中には故障で公式戦には48試合しか出場していなかったキラ・カアイフエ内野手も選ばれた。選手間投票でDeNAのT・ブランコ内野手、ヤクルトのW・バレンティン外野手、阪神のM・マートン外野手が、また三塁手部門で巨人の村田修一内野手が選ばれたために、選手間投票を含めると6人が上限という外国人選手枠から首位打者のH・ルナ内野手(中日)が選から漏れるという歪んだ事態も引き起こしている。

 そんなオールスターゲームの本当の価値とは、いったいどこにあるのだろうか?

 純粋にその年、最も光っている選手たちが集い、たった1試合だけ純粋に自分のパフォーマンスのプライドをかけた真剣勝負を見せる――そこには白い歯もいらないし、過剰な演出も一切、必要ない。そういう対戦が観られるならば、もう一度、現場に足を運んで真剣に取材をしてみたいと思う。

 そしてそんな本当の“夢の球宴”を取り戻せるのは……。機構でも球団でもない。選手自身にかかっているということなのである。

関連記事

BACK 1 2 3
落合博満

プロ野球の前後の記事

ページトップ