サッカーの尻尾BACK NUMBER

“悪い時のバルサ”だったバイエルン。
レアルに大敗、ポゼッションの限界か? 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2014/04/30 11:25

“悪い時のバルサ”だったバイエルン。レアルに大敗、ポゼッションの限界か?<Number Web> photograph by AP/AFLO

ボール支配率は36%、パス成功数はバイエルンの半分にも満たなかったが、試合を思い通りに進めていたのはマドリーだった。ラモスは完璧な守備に加え2得点の活躍。

バイエルンを襲う、ポゼッションのジレンマ。

 この2試合のバイエルンは、悪い時のバルセロナを見ているようだった。バルサは崩しの最終段階をイニエスタのひらめきやメッシのドリブルでの切れ込みに頼っている。バイエルンの場合はロッベンとリベリーだろう。しかし鍵を握るそのふたりはマドリー守備陣に完璧に抑えられ、バイエルンは攻め手を失った。

 パスは回れど、それが決定機に繋がることはない。ボールはピッチを左右に移動するだけで、崩しきれずにサイドから苦し紛れに上げたクロスはCBに跳ね返される――。

 グアルディオラが去り、全盛期が過ぎ去ったバルサが直面している極度のポゼッション志向のマイナス面が、今、皮肉にもグアルディオラのバイエルンにも訪れようとしている。

 イタリア人策士が準備したパーフェクトゲームと、グアルディオラとバイエルンを襲うポゼッションという名のジレンマ。準決勝の明暗を分けたのはふたりの指揮官の哲学でもあった。

関連記事

BACK 1 2 3
バイエルン
ジョゼップ・グアルディオラ
レアル・マドリー
カルロ・アンチェロッティ
アリゴ・サッキ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ