SCORE CARDBACK NUMBER

連日実施されるビデオ判定。
アメリカ球界の評価は?
~チャレンジ制度で減った誤審~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/04/28 10:00

連日実施されるビデオ判定。アメリカ球界の評価は?~チャレンジ制度で減った誤審~<Number Web> photograph by AFLO

NYに設置された「判定センター」の審判員がプレーを確認。球場の審判と連絡を取り合う。

 野球という競技の性格上、「曖昧さ」はつきものだが、より正確に越したことはない。そんなジレンマを解消する目的も含め、メジャーでは今季からビデオ判定の枠組みが拡大された。2008年8月の導入以来、再検証は本塁打判定に限定されていたが、アウトやセーフをはじめ様々な領域にまで拡張。今季の開幕後はスムーズに「チャレンジ制度」が定着している。

 本格的な開幕を迎えた3月31日。カブスのレンテリア監督が「チャレンジ」したのが、皮切りだった。このとき判定は変らなかったが、同日、ブルワーズと対戦していたブレーブスのゴンザレス監督が再審を求めたところ、当初「セーフ」だった判定が初めて「アウト」に覆った。その後は、ほぼ毎日のように「チャレンジ」する光景が見られるようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<没後20年総力特集>アイルトン・セナの天才性について。

関連記事

MLBの前後の記事

ページトップ