Number Do SpecialBACK NUMBER

<スペシャル対談> 鏑木毅×高橋尚子 「レジェンドランナーの食生活」 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/03/19 11:50

<スペシャル対談> 鏑木毅×高橋尚子 「レジェンドランナーの食生活」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
肉を2kgに寿司50貫、糖質ではなく脂肪を貯める調整法など
驚くべきエピソードと、「練習と食事は同じくらい大切」
という説得力ある言葉に、示唆的な失敗例。
時代を切り拓いてきた2人のランナーが「RUN&EAT」を思いっきり語り合った。

本日発売の雑誌Number Do『RUN&EAT あなたの「走る」が「食べる」で
変わる』
より、シドニー五輪マラソン金メダリスト・高橋尚子さんと
世界的トレイルランナー・鏑木毅さんの対談を公開します!

高橋 鏑木さん、おひさしぶりです。あいかわらず痩せてますねー。うらやましい(笑)。いま、体脂肪率はどれくらいですか?

鏑木 8%くらいかな。

高橋 あっ、それくらいはあるんですね。すごく痩せているから、逆にビックリ。

鏑木 高橋さんも痩せてますよ。

高橋 いやいや、引退してから7kgから8kgくらい太っちゃって。とても体重は公表できません(笑)。現役の時にこのくらいになって、「高橋尚子、激太り!」って叩かれたんです。

鏑木 シドニーオリンピックの時がむしろ異常に細かったんじゃないですか。

高橋 たしかに一番痩せてた時は(中指と親指で円を作り)この輪っかを肘が通り抜けました。私、現役時代から試合が終わるとだいたい7kg太るんです。でも、ボクサーみたいに最後何日かで急に痩せるとマラソンは走れないので、約6カ月のマラソン練習で徐々に体を絞っていくんですね。その頃は体脂肪率が4%でした。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6131文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

RUN&EATあなたの「走る」が「食べる」で変わる。
高橋尚子
鏑木毅

陸上の前後の記事

ページトップ