野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

開幕直前恒例! MLB愛好家3人の、
新外国人クロスレビュー(パ編)。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/03/18 10:30

開幕直前恒例! MLB愛好家3人の、新外国人クロスレビュー(パ編)。<Number Web> photograph by KYODO

2月、久米島キャンプの練習中にジョーンズ(左)と談笑する楽天・ユーキリス。

「黒田は獲れないからクロッタかよ」

●ホアン・ミランダ(北海道日本ハムファイターズ) 内野手 推定年俸 5000万円
●マイケル・クロッタ(北海道日本ハムファイターズ) 投手 推定年俸 5000万円

Toyo   「ミランダでキューバ3人目です。ヤンキースとダイヤモンドバックスでちょっとだけ見ましたが、カニザレスと左右の違いはあれど、この人も1塁専門。粗いです。ヤンキース時代、松坂の先発したレッドソックス戦で、岡島からサヨナラ押し出しを選んだこともありましたよね。でも粗いなぁ」

Tessy   「ミランダとか、クロッタとか、日ハムはツッコミ待ちかのような名前で選んでる感じがしますね。黒田は獲れないからクロッタかよ、みたいな。粗いとクロッタ(笑)」

Toyo   「黒田は……いや、やめましょう。クロッタは、メジャー経験ほとんどなし。去年ナショナルズのマイナーにいたので、少しだけ注目していました。元は先発だったようですが、一昨年ヒジの手術で1年棒に振り、昨年は後ろに回って51試合58イニング投げて被本塁打が「0」。典型的なゴロを打たせて取るピッチャーですよ。去年の回復ぶりからすると、この時点での来日は期待できそうですね」

●ルイス・メンドーサ(北海道日本ハムファイターズ) 投手 推定年俸 1億円

Tomo   「私の主観ですが、日本で活躍しそうだなと思わせてくれるバリバリのメジャーリーガー投手です。球威は凄くはないが150km/h。コントロールは良くはありませんが悪くもない。三振もたくさんは取りませんが、空振りが取れない訳でもない。メジャーでは、ロングリリーフにスポット先発にと便利屋的な投手で『先発をやらせてもらえるチーム』という強い希望もあって日本行きを決めたようなことをインタビューで言っていました。そんな投手です」

Tessy   「ロイヤルズでブレークしかかったWBCメキシコ代表。ヒスパニック系ではハンサムになるらしく、人気のある選手です。確かにいつもスマイルのイメージ。ホセ・メンドーサのコークスクリュー並みのシンカーが武器だとか」

Toyo   「調子のいい時は、シンカーのような沈む2シームを中心に低目に球を集めてきて厄介なピッチングをしますが、悪い時はボールがばらついて、真ん中に4シーム、それを狙われるって感じ。マイナーでも、何度かノーヒッターやって話題になるんですが、なかなか成績が残せないのは、そのへんのムラッ気のせい? 日本ではどうだろう……」

Tomo   「初球からでもシンカーを投げてきます。よっぽど自信のあるボールなんですね。もちろん、ボールが先行してもシンカーを投げ込めるところは日本のスタイルに合っていると感じる部分です。あと、この人はナックル・カーブを投げます。決め球にこれを使っています。チェンジアップは気持ち逆側に曲がりますので、右バッターの時専用に使っています。日本で馴染んで先発ローテに安定して入り、日本のキャッチャーのサインにあまり首を振らずに投げると、彼の新しい良い面が出てくるような気がしますね」

 以上、2014年新外国人トリプルクロスレビューパ・リーグ編をお送りしました。次回はセ・リーグ編となります。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8
ケビン・ユーキリス
コーディ・ランザム
マイケル・ボウデン
グレッグ・レイノルズ
ルイス・クルーズ
チャッド・ハフマン
バーバロ・カニザレス
ユニエスキー・ベタンコート
ファン・ミランダ
マイケル・クロッタ
ルイス・メンドーサ

プロ野球の前後の記事

ページトップ