野球善哉BACK NUMBER

菊池・梵に挑むカープ・田中広輔。
使い勝手と期待感を併せ持つ新人。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/02/27 10:50

菊池・梵に挑むカープ・田中広輔。使い勝手と期待感を併せ持つ新人。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

春季キャンプで首脳陣にも好印象を与えた広島の田中広輔。菊池、梵が君臨する二遊間でのレギュラー奪取は厳しい戦いだが、果たして。

 何かをやってくれそうな眼差しをしている。

 意志の強さを感じる鋭い眼つき。

 広島のルーキー・田中広輔のことである。

 広島といえば、黄金ルーキーの大瀬良大地やドラフト2位で入団した九里亜蓮が注目されているが、筆者は、ひそかに、田中の活躍を期待している。

 田中を推す理由――。

 それは、東海大相模-東海大-JR東日本と、アマチュア野球界の王道を突き進み、ハイレベルな野球を叩きこまれているからだ。野球の試合の中での様々な場面において、応用が利き、こなせる選手。それが田中である。

 首脳陣の評価も上々だ。春季キャンプの紅白戦が始まったころ、野村謙二郎監督がこう話していた。

「ヒットを打った打席も良かったですけど、凡打の打席も内容が良かった。ランナー二塁で、進めるバッティングができたり、ああいうところはさすが社会人出身だなと思います」

指名濃厚でも、出さなかった「プロ志望届」。

 しかし、なぜそれほどのエリートともいえるような階段を進みながら、田中は、プロ入りが社会人まで掛かってしまったのだろうか。田中のこれまでの野球人生を振り返ってみると、実は、順風満帆だったわけではないようだ。

 巨人・菅野智之とは高校・大学時代の同級生。もともとプロ志向の強い選手だった。東海大相模高では、1年春からいきなりレギュラーに抜擢。脚力を生かした守備と走塁。広角に打ち分けられるバッティングセンスは、名門校でも目を引く存在だった。

 2年春にはセンバツに出場。1学年上の中日・大野雄大(当時、京都外大西)とは甲子園の舞台で対戦している。高校3年時は甲子園の出場を逃すが、プロのスカウトからの評価も高く、「プロ志望届」を出せばおそらく指名されるであろうという噂の選手だった。

 しかし、田中はこのとき「プロ志望届」を出さなかった。

【次ページ】 「大学ではモチベーションが全然あがってこなかった」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

広島東洋カープ
田中広輔
野村謙二郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ