詳説日本野球研究BACK NUMBER

マー君のメジャー移籍へ至る、
プロ野球過去10年の“実態”。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/01/10 10:41

マー君のメジャー移籍へ至る、プロ野球過去10年の“実態”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

日本シリーズを制した楽天。試合後のお立ち台では、星野監督が珍しく超満員のスタンドに「春から来てよ」と冗談を飛ばしたが、パ・リーグの観客動員は右肩上がりだ。

10年前の田中将大は、まだ中学3年生。

 '05年以降、メジャーリーグへの移籍も目立って多くなった。時系列で紹介しよう。

<'05年以降のメジャー移籍>
投手……藪恵壹、斎藤隆、森慎二、松坂大輔、井川慶、岡島秀樹、桑田真澄、黒田博樹、小林雅英、薮田安彦、福盛和男、上原浩治、川上憲伸、高橋建、*田澤純一、五十嵐亮太、高橋尚成、建山義紀、ダルビッシュ有、和田毅、岩隈久志、藤川球児

野手……井口資仁、中村紀洋、城島健司、岩村明憲、福留孝介、西岡剛、川崎宗則、青木宣親、田中賢介、中島裕之

[註]*印の田澤は社会人野球JX-ENEOSからプロを経ずにメジャー入りした

 '04年以前、メジャーへの道は'95年の野茂英雄、'01年イチローなどパ・リーグの選手が主体になって道を開いてきたが、'05年以降はセ・リーグ出身選手の頑張りが目立つ。その代表格の黒田、上原、青木は大きな期待をもって迎えられた選手でない分だけ、その活躍は胸を打つ。

 黒田たちとは反対に、大きな期待を背負ってメジャー入りするのが楽天初優勝の原動力となった田中将大だ。'04年当時、高校1年生('04年1月は卒業を間近に控えた中学3年生)だった田中が総額100億円とも言われる金額でメジャーリーグに移籍するとはこのとき想像すらできなかった。はたして10年後にはどんなことが起こっているのか、やはり今の私にはまったくわからない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
読売ジャイアンツ
東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大

プロ野球の前後の記事

ページトップ