SCORE CARDBACK NUMBER

賞金王・松山英樹不在の
国内ツアー再構築を考えよ。
~選手、メディアに問われる姿勢~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/12/15 08:00

賞金王・松山英樹不在の国内ツアー再構築を考えよ。~選手、メディアに問われる姿勢~<Number Web> photograph by KYODO

新人最多タイの年間4勝で最終戦を残し賞金王に。世界ランクも自己最高の23位まで上昇。

 今年4月にプロ転向した松山英樹が、カシオワールドオープンで今シーズン4勝目を挙げ、史上初のルーキー賞金王を決めた。

 獲得賞金は2億107万6781円(海外メジャーを含む)。2億円を突破したのは尾崎将司、伊澤利光に次ぐ3人目、16戦目での到達は史上最速だ。

 大いなる実績を残したプロ1年生は、来年早々、スポンサーの契約先を発表するだろう。すでにオファーは30社を超えたと聞くが、人気先行型ではなく、正真正銘の野太い実力を示した結果と言える。

 日本ツアーの試合数が減り、トーナメントにやってくるギャラリーも視聴率も減少し、スター不足でつまらないと言われて1年が過ぎた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

松山英樹
大山志保
森田理香子
横峯さくら
尾崎将司

ゴルフの前後のコラム

ページトップ