JリーグPRESSBACK NUMBER

55本で21得点の男、新潟・川又堅碁。
その「野生」が代表には必要だ! 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/11/15 10:30

55本で21得点の男、新潟・川又堅碁。その「野生」が代表には必要だ!<Number Web> photograph by AFLO

後方からのロングフィードを、一人でゴールに結びつける様はまさにワンマン・アーミー。新潟の攻撃を一手に担う川又堅碁がブラジルのピッチに立つことはあるのか。

「自信がついたときには、たぶん呼ばれていると思うので」

「自分もやってみたいなと、思ったことはあります。あまりこういうことは言いたくないですけど、プロサッカー選手なら、絶対に代表のユニホームを着たいと思うだろうし。けど、口に出すのはあかんかなと。いまのレベルでは、足元にも及ばないと思う。まだ足りない部分が、オレにはたくさんあります」

 新潟のオレンジではなくジャパンブルーのユニホームを着た川又が、どこまでチームにフィットできるのかは未知数だ。パスワークの波に乗れないかもしれない。

 それでも、いい。

 個人的な皮膚感覚を明かせば、ザックもメディアもサポーターも、1トップに多くのことを求め過ぎている。W杯でもJリーグでも、得点の半分以上はペナルティエリア内から決まっているのだ。ストライカーは点が取れるポジションを捜し当て、自らの仕事に集中すればいい。新潟で見せてきたプレーを、川又はそのまま代表で示せばいいのである。

「代表の試合を見ても、あそこに自分が入るかも、という意識では見ることができていないですね。Jリーグの選手も出ているので『あ、この人ができてるんや』という感覚では見てますけどね。この人がこういうふうにできてるんやったら、という感じは考えたことがあります。でも、そこに自分がおるという感覚では、見ることができてないですよ」

 どの角度から代表について聞いても、川又の冷静さは崩れない。飛び出しそうな感情を、無理やり押さえつけているところはなかった。

 だが、彼はこうも語っているのだ。どこか昭和が薫る男の胸には、代表への思いが確かに息づいている。

「代表のことについては、自信がついたときに言いたいですね。もっともっと自分がうまくなって、自信がついて『呼んでくれたら点取れますよ』ぐらいのことを、言えるようになったら。そうなっていたときには、たぶん呼ばれていると思うので」

関連記事

BACK 1 2 3
川又堅碁
アルビレックス新潟
アルベルト・ザッケローニ

Jリーグの前後の記事

ページトップ